Paper work

 

「小屋の手記」

 

yugata | Paper works | Exhibiton | Invitation

雪雲の掛かる深山の寂寞の境に

静かに佇む山小屋の、あの冬の景色を見たことがありますでしょうか。

閑寂な迄に佇むその姿形は、正に異界の郷とでも謂う可く

安穏な時が流れているのです。

ぱちぱちと昇る薪の煙と、静かに揺れる鉛丹色の暖炉の火は、

うっすらと食卓を灯し、今にないあたたかな時を紡ぎ、

その場を深く優しく包みこんでいるのです。

時に見える、山小屋のその景色は、得も言われぬ静寂と

自然が奏する規則的な旋律が複雑に混じり合い、

ひたすらにその身を委ねて、緩やかに夕暮れ時を待つのでありましょう。

霞初月の深山に眠る、この場所に紡がれる、この時間は、

もう二度と顕われる事のない”時"であるのかもしれません。

暖炉の火が、昏々とした食卓にあかりを灯すように、

豊かなる時間を、その夕闇を、自然に描くのでありましょう。

 

- 深山の冬小屋 手記より

Production Date / 2021.July