Paper works

 

「小屋の手記」

 

yugata | Paper works | Exhibiton | Invitation

 

雪雲の掛かる深山の寂寞の境に

静かに佇む山小屋の、

あの冬の景色を見たことがありますでしょうか。

 

閑寂な迄に佇むその姿形は、

正に異界の郷とでも謂う可く

安穏な時が流れているのです。

 

ぱちぱちと昇る薪の煙と、

静かに揺れる鉛丹色の暖炉の火は、

うっすらと食卓を灯し、

今にないあたたかな時を紡ぎ、

その場を深く優しく包みこんでいるのです。

 

時に見える、山小屋のその景色は、

得も言われぬ静寂と

自然が奏する規則的な旋律が複雑に混じり合い、

ひたすらにその身を委ねて、

緩やかに夕暮れ時を待つのでありましょう。

 

霞初月の深山に眠る、

この場所に紡がれる、この時間は、

もう二度と顕われる事のない”時"であるのかもしれません。

暖炉の火が、昏々とした食卓にあかりを灯すように、

豊かなる時間を、その夕闇を、

自然に描くのでありましょう。

 

 

 

- 深山の冬小屋 手記より

 

Yukigumo no kakaru shinzan no jakumaku no kyou ni

Shizukani tatazumu Yamagoya no, 

Ano fuyu no keshiki wo mitakoto ga arimasudeshouka.

 

Kanjakuna madeni tatazumu sono shikei ha,

Masani ikai no kyou to demo iubeku

An-non na toki ga nagareteirunodesu.

 

Pachipachi to Noboru maki no kemuri to,

Shizuka ni yureru entan-iro no danro no Hi ha,

Ussura to shokutaku wo Tomoshi,

Ima ni nai atatakana toki wo tumugi,

Sonoba wo fukaku yasashiku tsutsumikonde irunodesu.

 

Toki ni mieru, yamagoya no sono keshiki ha,

Ewomo iwarenu Seijaku to

Shizen ga sousuru kisokuteki na senritsu ga fukuzatsu ni majiriai,

Hitasura ni sonomi wo yudanete,

Yuruyaka ni yuguredoki wo matsunode arimasyou.

 

Kasumisomeduki no Shinzan ni nemuru,

Konobasho ni tumugareru, konojikan ha,

Mou nido to arawareru koto no nai, “Toki” de arunokamo shiremasen.

Danro no hi ga, konkon to shita shokutaku ni akari wo tomosu youni,

Yutakanaru jikan wo, sono yuyami wo,

Shizen ni egakunode arimasyou. 

 

 

 

 

-- From a memoir of a Shinzan no Fuyugoya.

 

Production Date / 2019. December