​a b o u t

philosophy

2016年1月、東京八王子 高尾山に程近い線路沿いの平屋で、

アンティークと生活時間の豊穣性を考える、住居兼私的な実験室、

“アトリエ" を構えることになりました。

それまで、大阪で建築関係の仕事に携わっていた僕は、

その職を辞して、縁も所縁も、なんの伝手もないこの場所に、

その時の感情だけで移り住んできて、雲のようにふわふわと形のない夢を、

一人砂場の上で、こぼれ落ちる砂を必死に集めて、

小さな家を創り上げているかのような心地でした。

しかし、現実と夢の狭間は自分が思っていたよりも遥かに深い谷底で、

自分が思い描いているような形は全く描けず、

社会というシステムの渦に思い悩まされるようになりました。

己とは何者なのか、生きることとは一体なんなのか、

考えることを諦めた方が、余程楽に生きられる様な、そんな気がしていました。

自分の中に渦巻く欲求と思考の矛盾が、右と左で対立し、

この先に続く未来を想像することが少し憂鬱でありましたが、

自分自身が本当に辛く、そして苦しい時ほど、

慈愛の手を差し伸べてくださる方がいてくださったことは、

僕の中でとても大事な記憶の一つで、

今ここで、またこうやって新たな形を思い描くことが出来るのも、

時は違えど、色々な人に助けられ続けて頂いたからこそであると思います。

形は違えど、頂いてきた慈愛を、少しずつ形として表現していくことが、

僕にとって出来る限りの全てであり、今の自分の生業だと思っております。

2019年の7月をもって、八王子のアトリエとはお別れとなりましたが、

新たな始まりと、今までとこれからの素晴らしい出会いを願い、

御挨拶とさせて頂きます。

まだまだ若輩ではありますが、どうぞ御心留めに。

2019年8月31日 清水昂喜

In January 2016, I decided to set up an “atelier” in a one-story house near Mt. Takao in Hachioji, Tokyo. It's like a house and private laboratory that seeks the relationship between antiques, lifestyles and living space.

Before coming to this place, I was involved in the architectural work in Osaka City, but I quit that job and moved to a place called Hachioji, where I had no family or friends.

It wasn't easy at all, but it was a time when I was desperately working to fulfill my little dream.

However, the gap between reality and dreams was deeper than I had imagined, and I couldn't dream a dream I envisioned at all.  I started to worry about the modern social structure.

 

Who am I and what is life? I felt that if I abandoned my thoughts, I could live more easily.

The contradictions between the desires and thoughts that swirl in me conflict the left and right, and I was depressed to imagine the future, but when I was really tough and painful, some people always reach out affectionate hands.    

For me, it is one of the most important memories that must not be forgotten. That's why I can dream new dreams. Because it is saved by the affectionate persons.

 

Although it is different in shape from that time, I think that it is my life to express the received affectionate little by little as a form in everything I can do and my work now.

 

In July 2019, I eviction from the Hachioji atelier, but the memories of the atelier are important in my life.

I’m looking forward to new beginnings and wonderful encounters.I'm an immature person, but I'd be happy if you remembered it.

 

August 31, 2019  shimizukoki

biography

清水昂喜

デザイナー / 古物蒐集家

 

 

1987年 愛知県に生まれる

2009年 名古屋にある大学を卒業

2012年 名古屋にあるデザインの専門学校を卒業

2013年 大阪にて建築関係の仕事に携わる

2016年 東京八王子にてアンティークと生活の実験的なスペース、アトリエを構える

2019年 取り壊しのため、八王子のアトリエを退去

 

現在は、次のアトリエを製作しながら、

古い生活道具の提案やグラフィック、空間デザインを生業に活動中

 

 

 

 

name : shimizu koki

Designer / antiques & space seeker

 

1987 Born in Aichi Prefecture, Japan

2009 Graduated from a university in Nagoya City, Aichi Prefecture

2012 Graduated from a design school in Nagoya City, Aichi Prefecture

2013 Worked on architectural work in Osaka

2016 Established atelier to seek antiques and living space in Hachioji City, Tokyo

2019 Moved away from Hachioji atelier for demolition

 

Currently working on the proposal of old life tools, graphics, and space design while making the next atelier.

 

 

logo_new-03.png

 © 2019 shimizu koki.

 

shimizukoki is freelance designer and antique seeker based in Tokyo, Japan.

 © 2019 shimizu koki.