​a b o u t

Greeting

 

2016年1月、東京八王子 高尾山に程近い線路沿いの平屋で、

「アンティーク」と「生活時間」の豊穣性を考える、住居兼私的な実験室、

“アトリエ" を構えることになりました。

それまで、大阪で建築関係の仕事に携わっていた僕は、

その職を辞して、縁も所縁も伝手もないその地に、

その時の感情だけで移り住むことを決め、雲のようにふわふわと形のない夢を、

一人砂場の上で、こぼれ落ちる砂を必死に集めて、

小さな城を創り上げているかのような、童心に似た心地に包まれていました。

しかし、現実と夢の狭間は自分が思っていたよりも遥かに深い谷底で、

自分が思い描いているような形は全く描けず、

とても苦しい幕開けだったことを今も鮮明に記憶していますが、

色々な方々と繋がり、そして助けて頂いたお陰で、

其の業を続けてくることができました。

 

2019年の7月に、

建物取り壊しによるアトリエの退去をして以降、暫く活動を休止しておりましたが、

2021年1月、東京から愛知三河にある小さな里山に移住をし、

改めて個人での活動をしたいと思い、活動再開を決意致しました。

移住先の家は、美しい自然に囲まれた集落にある古家で、

この地で再び、”古物” と自らの手で作り上げた "生活道具や紙物” などの作品を手に、

「生活時間」の豊穣性を鑑みながら、暮らしを営んでいきたいと考えています。

 

少しずつではありますが、

この地で移りゆく四季の自然と共に、

また積み上げながら答えを見つけていきたいと思っています。

新たな始まりと、今までとこれからの素晴らしい出会いを願い、

御挨拶とさせて頂きます。

まだまだ若輩ではありますが、どうぞ御心留めに。

2021年7月13日 清水昂喜

 
 
 

In January 2016, I decided to set up my residence and private laboratory "Atelier" to think about the richness of "antiques" and "life" in a one-story house along the railroad tracks near Mt. Takao in Hachioji City, Tokyo.

Up to that point, I had been working in the architecture field in Osaka, but I decided to quit that job and move to this place, which I had no connection to, just based on my own feelings at the time, with dreams of starting a business dealing with antiques.

However, the reality was different from the ideal I had imagined, and I still vividly remember that it was a very painful beginning. However, thanks to the cooperation and support of many people, I managed to continue my work.

In July 2019, with the demolition of the building, I moved out of my atelier and stopped my work for a while. In January 2021, I decided to move from Tokyo to a small village in Mikawa, Aichi Prefecture, to resume my activities as an individual. The house I am moving to is an old house in a village surrounded by beautiful nature.

In this place, I would like to face "antiques" and "life" once again and run my life while making daily life tools and paper works with my own hands.

Little by little, as the seasons change in this place, I would like to build up my days again and find the answers to the questions I have not yet found in that atelier.

I wish for a new start and wonderful encounters in the past and in the future.

I am still a novice, but I look forward to working with you.

 

 

July 13th, 2021 Koki Shimizu

 

 

 

 

 
 
 
 
 

Profile

 

清水 昂喜

作家 / 古物蒐集家

 

 

1987年 愛知県に生まれる

2009年 名古屋にある大学を卒業

2012年 名古屋にあるデザインの専門学校を卒業

2013年 大阪にて建築関係の仕事に携わる

2016年 東京八王子にてアンティークと生活の実験的なスペース、アトリエを構える

2019年 取り壊しのため、八王子のアトリエを退去

2021年 東京から愛知三河の里山に移住し、作家・古物蒐集家として活動を再開

現在は、次のアトリエを製作しながら、

古い道具の提案や古物を組み合わせた生活道具や紙物を製作しながら活動中

 

 
 

Name : shimizu koki

Artist / Antique Collector

 

1987 Born in Aichi Prefecture, Japan

2009 Graduated from a university in Nagoya City, Aichi Prefecture

2012 Graduated from a design school in Nagoya City, Aichi Prefecture

2013 Worked on architectural work in Osaka

2016 Established atelier to seek antiques and living space in Hachioji City, Tokyo

2019 Moved away from Hachioji atelier for demolition

 

While renovating the next atelier, I am working on proposing antiques, making daily life tools by combining old objects, and creating works on paper.