top of page

Product Detail​

 

No.​

size 

country

estimate age

​price

​XXIV - 002

φ23.0cm h3.0cm

France

19c

¥16,000

 

description

 

フリルリムとセントーレアを思わせる可憐な青絵が可愛らしい一皿です。ファイアンスながらも、少し寒色味を帯びた白釉が繊細な印象で、気品を感じる一枚かと思います。ファイアンスとは繊細な淡黄色の土の上に錫釉をかけて焼成された、フランスなどの西中欧諸国で製陶されていた陶磁器のことで、後発の磁器(Porcelain)や半陶半磁器(Terre de Fer)とは、また異なる表情が魅力的な焼き物です。白釉のファイアンスは、ムスティエなどの産地が有名かと思いますが、カンペールやルーアンなどもファイアンス焼きの中心地として有名であり、それらの殆どが刻印などをつけなかった為、装飾や絵付、釉薬の特徴などから考慮して産地を窺う必要があるという、少し不透明なところがまた面白いと個人的に感じている焼き物です。本品は、欠けから見える赤土からも、ムスティエの物ではないかと思いましたが、トゥールーズにも非常に似たものがあり(ムスティエ出身の作陶家がトゥールーズで起業しており、構成要素も似ていたそうです)、明確に突き詰めることができませんでした。欠けた部分を除けば、全体的に状態は比較的良好で、幅広いシーンでお使いいただけるかと思います。お好きな方に是非。

* 当店は「適格請求書発行事業者」への登録を済ませていない為、「領収書(適格簡易請求書)」の発行ができません。誠に申し訳ございませんが、領収書の発行ができない旨をご理解の上、ご購入の御検討をいただければ幸いです。

This lovely dish has a frilled rim and a pretty blue painting reminiscent of Centorea. The white glaze with a slightly cold tinge gives a delicate impression, and the piece has a sense of elegance, even though it is faience. Fiance is a type of ceramics made in France and other Western and Central European countries, which was fired by applying a tin glaze over a delicate pale terracotta. Most faience ware was not stamped, so it is necessary to look for the place of origin based on decoration, painting, and glaze characteristics. This dish has red clay visible through the chipping, making me think that this piece might be from Mustier. Still, Toulouse has a very similar piece, so I could not pinpoint the piece's origin. Overall, the condition is relatively good, except for the chipped pieces, and it can be used for a wide range of occasions. I hope you like it.

 

 

→ Shopping Guide

 

Antiques

 

dish

 

Pottery | Faience | France

 

Product Detail​

 

No.​

size 

country

estimate age

​price

description

 

​XXIV - 002

φ23.0cm h3.0cm

France

19c

¥16,000

Read more

 
bottom of page