top of page

Product Detail​

 

No.​

size 

country

estimate age

​price

​XXIV-019

φ20.0cm h4.1cm

France

1900-1920s

¥13,800

 

description

 

乾いた地表のように無数のに入った貫入が美しいカロット皿。背面を覗くと「Creil et Montereau」の刻印があり、バックスタンプから推察するに、1900年代初頭から1920年の間に製造されたものと思われます。また本品の通称である「カロット」とはフランス語で帽子を表す言葉ですが、一説にはカトリック教会の上位聖職者が着用する半球型の帽子である ”Calotta(ラテン語)” 、もしくは”Calotte” が本品のような深皿の形に似ていることから、通称となったとする説があります。リム皿と異なり、深さがあるのでスープやパスタ、洋食のみならず和食や中華など、様々なジャンルでお使い頂ける一品かと存じます。柔和なフォルムで貫入と美しい白い肌が魅力的な一枚ですので、お好きな方は是非。

* 当店は「適格請求書発行事業者」への登録を済ませていない為、「領収書(適格簡易請求書)」の発行ができません。誠に申し訳ございませんが、領収書の発行ができない旨をご理解の上、ご購入の御検討をいただければ幸いです。

This carotte dish is beautiful, with countless penetrations resembling the dry ground's surface. Looking into the back, it is stamped "Creil et Montereau," as inferred from the back stamp; it was probably made between the early 1900s and 1920s. The common name for this pottery, "carotte," means hat in French. Still, one theory is that "Carlotta" (Latin) derives from a hemispherical hat worn by high-ranking clergymen of the Catholic Church. Unlike rimmed plates, this deep dish can be used for soup, pasta, Japanese, Chinese, and Western dishes. This dish has a mild form, a penetrating effect, and beautiful white skin, so if you like it.

 

 

→ Shopping Guide

 

Antiques

 

calotte

Pottery | Terre de fer | France

 

Product Detail​

 

No.​

size 

country

estimate age

​price

description

 

​XXIV-019

φ20.0cm h4.1cm

France

1900-1920s

¥13,800

Read more

 
bottom of page